携帯電話とデジタル家電の融合

携帯電話はこれからデジタル家電と融合して使用される時代になります。すでに様々な家電と携帯電話の融合が進んでいます。例えば、固定電話と携帯電話の連携は既に行われているのは、周知のことでしょう。また、エアコンや炊飯器、お風呂の給湯などが帰宅時に最適な状況になるように、自動的に動作を開始できるようになって来ています。

携帯電話に赤外線を搭載したリモコンになることで、ビデオの録画予約、エアコンの温度調節などができるようになります。デジタル放送中に、携帯電話のテレビ電話でクイズ番組に参加することなども、できるようになっていくでしょう。

このような携帯電話だけでなく、デジタル家電もネットワークでつなぐことを「ホームネットワーク」と言います。テレビ、エアコン、オーディオ、炊飯器、冷蔵庫、洗濯機、パソコンなどをネットワークですべてつなぐ中で、ばらばらになっていたものが一つに近づきながら、生活の便利さが増して行くのです。そのなかで、私たちが最も長時間手にしているのは携帯電話であり、デジタル家電を連携させる上で重要なファクターだと言えるでしょう。携帯電話は最近では、インターネットを利用した決済などもすぐにできます。この携帯電話のショッピング枠の決済を利用した現金化するサービスも徐々に知れ渡ってきました。携帯決済(携帯キャリア決済)を使ってお買い物できる機能が備わっています。利用した代金を携帯電話の通話料金と合算して後で一緒に支払います。携帯の契約内容によって利用限度額は異なります。こういった携帯決済現金化も新しい携帯を取り巻く用途の多様化でしょう。

◎おすすめサイト:携帯決済現金化のソクフリ