Arrow
Arrow

Author Archive: admin

生活習慣の見直しから運動量をアップさせるには

現代人の皆さんの多くは、その移動手段として車やバイク電車などに頼りがちな毎日のなかで、自分の足で歩くという「運動」から遠ざかりつつあるのではないでしょうか。また、ご自宅にいる際にもお洗濯や台所の水周りのお仕事は、たくさんの便利な家電に囲まれ、便利な道具や家電が皆さんの代わりに様々な家事をこなしてくれるはずです。洗濯機や食洗機が稼働している間、皆さんは一体何をされていらっしゃいますでしょうか。ソファーに座ってテレビを見ているそんな毎日を送っている方にお気を付け頂きたいのは、皆さんの筋力の衰えてあります。筋力が衰えることで慢性的な腰痛や足腰の弱りを招き、長年に渡り整体やマッサージに通っていても、その症状がなかなか改善されないなどということはありませんか。どんなに健康的な食事に気を配っていたとしても適切な運動量が減ってしまうとバランスの取れた健康を維持することは難しいかもしれません。健康で元気な生活はバランスの取れた食事と、バランスの取れた運動がベースとなるはずです。皆さんのライフスタイルのなかの生活習慣を、ほんの少しシフトするだけで日々の「運動量」がアップするかもしれませんよ。

無理のないエクササイズの習慣化がポイントです

スポーツクラブや市民サークルなどでも気軽にレッスンを受講できる「ヨガ」ですが、「ヨガ」をはじめ、心身を鍛錬するためのエクササイズレッスンを受講するポイントは、何よりもトレーニングを自分のペースで習慣化できることが大切です。多忙な毎日を送る現代人にとって、日々のスケジュールに習い事を組み込むことは簡単なことではないかもしれませんが、「ヨガ」などのエクササイズは、ほんの数分の空時間でも簡単に一人で行えるトレーニングでもあります。「ヨガ」の基本は、乱れがちな呼吸を整えることでもありますから、オフィスなどでお仕事の休憩中にも、レストルームや屋外などで静かに目を閉じながら深呼吸を行うでけでもリラクゼーションが可能となるはずです。習い事などで定期的にエクササイズレッスンを受講することは有意義な時間となるはずですが、スケジュールを無理矢理に詰め込むことでかえってストレスを感じるようでは悪循環を招いてしまいます。ご自分のライフスタイルに適したエクササイズを、無理なく習慣化させることが何よりも大切なポイントです。

「葉酸」の大切さ

妊活の女性の多くが、注目している「葉酸」は、どのような栄養素なのでしょうか?妊活を試みる女性が、サプリメントなどを利用して、摂取している姿を多くみかけるのが「葉酸」であります。「葉酸」は、妊婦の摂取不足によって、胎児に大きな影響を与えると言われている栄養成分でもあります。「葉酸」が不足する事で、胎児にどのような影響を与えるのかと言いますと、「神経管閉鎖生涯」などと呼ばれる、妊娠4~6週目ほどで起る、先天性の障害となります。妊活を考える女性にとって、「葉酸」は、大変重要な栄養素となっているようです。そもそも「葉酸」は、赤血球を作り出す「造血」のビタミンなどとも言われ、ビタミンB群の1種であるようです。食品としては、菜の花、アボガド、そら豆、牛レバー、いちご、ホウレンソウなどに多く含まれているようです。妊活している女性は、食事からの補給だけでなくサプリメントをりようする事も推奨されているようですので、専門家のアドバイスなどを頼ってみましょう。

お肌のサインと「乾燥」

お肌の悩みはつきないものですが、肌荒れの主な原因の1つは、「乾燥」であると言われえています。「乾燥」は、お肌の角質層などから潤いが減ってしまうことから起きやすくなります。昨今の室内は、常にエアーコンディショニングとして、エアコンが稼働していることもあり、お肌が乾燥しがちな環境ではあります。十分な水分を補給しないと、喉が乾いてしまうように、お肌にも水分補給が必要です。お肌の為に、美容ドリンクや美容サプリなどを常用しているような人もいるとは思われますが、潤いのお肌を守るには、「プラス」することも大切ですが、「マイナス」も大切です。食事の際、脂っこいメニュー、スィーツなどを選びがちな人は、お肌の老化を早める原因にもなりかねないので、ほどほどにしておきましょう。お肌のための食バランスは、なるべく腸内環境を整えるようなメニュー選びが肝心です。そのためには、乳酸菌の摂取なども有効でしょう。その他、最近は、科学的な繊維や洗剤、シャンプーなどに、お肌の水が過剰に奪われてしまうような人もいるようです。お肌が乾燥しがちな時は、お肌をいたわるようなボディソープを選んでみたり、身に付ける衣服の素材なども、天然素材を選択してみてはいかがでしょう。お肌は、常に様々な外敵となる「刺激」と戦いながらお肌の潤いを保っているのです。スィーツなどの甘さも、お肌を老化させる原因になりがちですが、実は辛いものも、お肌を刺激すると言われています。何かと胃腸の弱い方なども加減が必要です。お肌の微妙な神は、皆さん自身にしか読み取れないサインであったりもします。お肌の乾燥サインがでたら、早めに保湿などの潤いを与えてあげましょう。

頭痛の改善には

「頭痛」の気配を感じると、仕事のパフォーマンスがどうしても低下してしまいますよね。多くの頭痛持ちのオフィスワーカーたちは、日頃のデスクワークの中で鎮痛剤が手放せないと言いますから、頭痛が起った後の対処法ではなく、それ以前の予防対策に注目してみる事も大切であるかもしれません。頭痛には、いくつかのタイプ分けが行われているのですが、皆さんはご自分の頭痛がどのような条件によって行っているのかを、お考えになった事はありますか?頭痛には、深刻な病気の予兆であることも考えられるので、体調の様子をみながら、病院での診察を受ける事も大切です。大きな病気のサインとなるような頭痛は「二次性頭痛」と呼ばれ、脳出血や脳梗塞などの前触れを表わすサインとなります。頭痛とともに身体の異常を感じたら、早急な病院受診への対応が必要です。「二次性頭痛」とは別に、「一次性頭痛」と呼ばれる頭痛の症状は、オフィスワークなどで、常にPCに向かって作業を行っているような人々に多い傾向もあるようです。頭部への血流が悪くなる事から、症状が起ると考えられています。緊張性頭痛とも呼ばれていますが、職場で長時間PCに向かう作業の合間に、軽いストレッチなどを取り入れて、血流を促すようなルーティーンを築いてみる事も良いかもしれません。また女性特有の月経サイクルの中で、偏頭痛が起る人もいるようです。この偏頭痛は、疲労感やストレスなどにも影響しているとも考えられていますが、一言に「頭痛」と言いましても、その原因や改善方法は、異なりますので皆さんの日常生活で、どのタイミングで発生する頭痛であるのかなど、日ごとの生活環境の見直しから、頭痛改善ルーティーンをみつけてみましょう。頭痛の予防サプリとしては、マグネシウム、ビタミンE、ビタミンB2、レシチンなどが注目されています。それぞれの頭痛のタイプによって、サプリの使い分けも必要であるようです。また、お酒が好きな方の中には、飲酒によっても頭痛を発症する方もいらっしゃいますので、そのような場合は、自分自身のお酒の適量を見極める必要性もあるかもしれません。

健康的なボディラインの秘訣

年齢とともに、ボディラインを気にされている方は多いのではないかと思われますが、年齢とともに気になるお肉というものが付いてきます。専門家の整体師などは、無理なダイエットをされるよりはm日々の姿勢を気にしていただきたいなどとおっしゃる方が多いようです。お腹がぽっこり出て、ウエストがどこかへ行ってしまったというような、いわゆる中年太りの方の多くは、その姿勢にあるなどと言われてているようです。 中年の人々に多い、「中年太り」は、その姿勢の悪さから、体型の変化が出てくるのだなどとも言われています。姿勢をただし、胸を張ることで、必然的にお腹がへこみ、ウエストが現れるなどといったような効果もあるようです。確かに、年齢とともに筋力も弱り、多くの人の姿勢も前屈みになりがちではありますが、その前かがみの姿勢を、正しい姿勢の位置まで戻すことで、ぽっこりお腹も解消される方が多いようなんです。 また、慢性的に、悪い姿勢を続けていると、悪い姿勢のまま筋力が固まってしまい、肩こりや腰痛などの原因としても現れてくるようですので、姿勢を良くすると同時に、肩こりや、腰痛などの改善も行っていきたいですね。いつまでも若々しく人生100歳まで、健康なボディラインで過ごしていきたいものです 。

呼吸のコントロール

サンスクリッ卜語で”プラーナ”は「全宇宙に遍在するあらゆる根源的絶対生命エネルギー」のこと。”ヤーマ”は「コントロールする」という意昧になります。 つまり、呼吸することで全身からプラーナを吸収し、摂り入れたプラーナを、より生かすために自分自身でコントロールしていくのです。 日常、無意識に行っている呼吸を意識的に変え、心も身体もコントロールしましょう。呼吸は自律神経によって営まれ、脳の廷誌にある呼吸中枢で、支配されているために、心と身体の変化に敏感に反応します。 怒ったときは吐く患が強く荒々しく、逆に、悲しく辛いときは吸う息が強く、不規則な呼吸になります。また、心が落ちついているときは、吸う息も吐く息も穏やかでゆったりと深い呼吸になります。 不完全呼吸を続けると、「頭が重い」「イライラする」「眠い」「だるい」「食欲が出ない」「物事に集中できない」「思考力がなくなってくる」「物忘れか‘ひどい」など、様々な弊害がおそってきます。 美容にだって何一ついいことがありません。「肌が荒れる」「化粧のノりが悪い」「肌力ずくすんでくる」「なかなか痩せない」。このことからも、呼吸を上手にコントロールすれば、心も身体も安定してきてリラックスできる、という事がわかると思います。

ヨーガをおこなえばやせられますか

食欲を抑え、脂肪の燃焼効果も期待できますヨーガをおこなっていると、自律神経や食欲をコントロールする脳の摂食中枢の働きが整えられ、ストレスが原因のやけ食いなどの過食気昧の人にこうじようtさんはおすすめです。また、甲状腺ホルモンなどが活性化することで、脂肪の代謝も。さらに、呼眠法やポーズによって、全身の余分な脂肪が燃焼され、続けていくうちに美しくスリムな体が作れるといわれています。